2010年05月01日

CPUクーラーCPU温度比較対決 「Megahalems」 VS 「忍者シリーズ」

Picture 100.jpg
私が長らく愛用していた、「忍者シリーズ(忍者プラスと忍者 弐)」と、「Megahalems」とでCPU温度を比較してみました。今回はその結果を説明とともに載せていきたいと思います。


 


検証環境


ケース : なし(バラック状態)
CPU 1 : Core2 Duo E6750(2.66GHz 定格、Vcore 1.15V)
CPU 2 : Core2 Duo E8500(3.80GHz OC、Vcore 1.1875V)
M/B 1 : GA-EP45-UD3R(BIOS Version F12)
M/B 2 : GA-EP45-UD3R(BIOS Version F12)



Picture 79.jpg
Picture 86.jpg
Picture 94.jpg
Picture 110.jpg
※EVEREST UCEV12でも試しましたが、ファン速度が固定じゃなかったので、結果がだめになりました・・・。

  


Megahalems リビジョンB VS 忍者 忍者プラス・リビジョンB


まず、はじめにサブPCのCPU「Core2 E6750(2.66GHz、Vcore1.15V)(以下E6750)で比較した結果、以下のような結果になりました。なお、ファン回転数はほぼ1100回転、室温は18.5度で、Megahalems + 忍者プラス付属ファン時には17.0度になってました。そのため、アイドル時、ビジー時の温度差は、それぞれ、1.5度、5.5度程度になると思われます。
E6750_Megahalems_vs_NINJA.png


ファンなしでも、アイドル時には特に問題はないのですが、Prime95にて100%の負荷をかけると、恐ろしいほど温度が上がってしまいました。このときのCPUクーラーを手で触ったのですが、少し持っただけで熱いといった印象でした。やはり、低回転のファンでもつけているだけでも効果は絶大なのでしょう・・・。CPUファンの重要さが露呈する形の結果となりました。

今回は、低電圧設定にしたE6750を使用しており、センサーがおかしいのか、アイドル時には室温より低い値を示すこともありました。そして、このときCPU付近を触っても全く温度を感じませんでした。室温に限りなく近いと言うことにしておきましょう・・・。
Picture 89.jpg



  

Megahalems リビジョンB VS 忍者 弐


まず、はじめにメインPCのCPU「Core2 E8500(3.80GHz OC、Vcore1.1875V)(以下E8500)で比較した結果、以下のような結果になりました。なお、ファン回転数はほぼ1100回転、室温は21.6度と21.1度です。
E8500_Megahalems_vs_NINJA2.png



忍者 弐アイドル時、ビジー時 の結果画像
NINJAx2_auto_idle_21.6.png NINJAx2_auto_busy_21.6.png
Megahalemsアイドル時、ビジー時の結果画像
megahalems_xninja_auto_idle_21.1.png megahalems_xninja_auto_busy_21.1.png

ファンなしで、アイドル時は測定しましたが、ビジー時はさすがに温度が上がりすぎるので、測定はやめておきました。
ファンなしの場合はほとんどCPU温度が変わりませんでしたが、ファンありの場合には、アイドル時4度、ビジー時5度と差が大きくなりました。


 


総評


忍者 プラス、忍者 弐、ともどちらも古いCPUクーラーですが、それらと比べた場合は、アイドル時でも約-1〜-3度、ビジー時で-5.0度〜-5.5度となかなか優秀な結果が得られました。

E6750の時もファンがない場合はあまり変わりませんでしたが、ファンがある場合、かなり温度差が大きくなるみたいです。このことから、「Megahalems」はファンがあるときに絶大な威力を発揮する、と窺えます。ファンなしで運用するなら、このクーラーは非常にもったいないですね^^;

本来の値段は約7000円ほどでしょうが、結構前に発売されたもので、5000円台で売られています。2000〜4000円台のエントリーモデル?(薙刀や、夜叉、無限 弐など)と比べると+1500円程度ですし、ハイパフォーマンスモデル(Ultra-120 eXtreme や、TRue Black 120 など)と比べても安いので、お買い得感が高いのではないでしょうか?

posted by Sofrevi at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/276198043
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。