2010年01月16日

美少女イラスト入りペンタブレット「PTB-MTPV」を購入&レビュー

PTB-MTPV1_useing.jpg

今年の年始ぐらいに、プリンスストン製のペンタブレット「PTB-MTPV」を購入してきました。開封から使用まで数日ありましたが、すっかりレビューも忘れていました・・・。ということで、早速レビューしてみますが、私自身ペンタブレット操作の経験がありませんので、初心者からみたレビューですので悪しからず。

結論から言いますと、初心者の方でも扱いやすいペンタブレットと感じました。お値段もお手頃ですし、初心者の方は購入されてもいいのではないかと。上の写真が実際に私が使用した、使用イメージです(このときは爪が長く、使いにくいと感じましたが、爪が短いときに改めて使用すると使いやすいと感じました。)


PTB-MTPVシリーズ|製品案内|プリンストンテクノロジー
http://www.princeton.co.jp/product/tablet/ptbmtpv.html

アキバ総研-美少女イラスト入りペンタブレット「PTB-MTPV」発売! pixiv公認モデル
http://akiba.kakaku.com/pc/0912/25/221500.php
PTB-MTPV1_packed.jpg.jpg

今回購入したものは、写真の通り「PTB-MTPV1」。私的には一番これが好みで、残っていたのでよかった・・・という印象。3は「少しやばいだろこれ・・・」という感想。まあ可愛いんだけどもね・・・。とりあえず、好みは人それぞれだから気にしないでくださいね。


PTB-MTPV1_packed_back.jpg
裏面。主な仕様は、サイズが196(幅)×7(高さ)×190(奥行)mm、入力エリア面の大きさが152.4×114.3mm。読み取り分解能 0.0124mm(2048lpi)、読み取り精度0.25mm、読み取り速度125rps、筆圧レベル1024レベル。対応OSはWindows 7/Vista/XP、Mac OS 10.4以降(すべて日本語版)。引用:アキバ総研-美少女イラスト入りペンタブレット「PTB-MTPV」発売! pixiv公認モデルより。 PTB-MTPV1_opened_.jpg
付属品は、本体、ペンタブ、ドライバCD、説明書、単四電池、USBコード となっています。
PTB-MTPV1_opened2.jpg
これが本体。
PTB-MTPV1_opend3.jpg
本体裏面。滑らない仕様。
PTB-MTPV1_curved.jpg
本体はかなり柔らかく、曲げることも容易。
PTB-MTPV1_opened3.jpg
マウスパッドとしても使用可能。写真は、ロジクールのG5とVX-Revolution。
PTB-MTPV1_driver_cd.jpg
ドライバCD。かっこいい!しかし、その容量わずか23.2MB・・・。
PTB-MTPV1_pen.jpg
ペン本体。単四電池で動作。
PTB-MTPV1_install.png
CD挿入後、ドライバをインストール。
PTB-MTPV1_usb.jpg
USBコード差し込み口。ここにコードを挿します。
PTB-MTPV1_task.png
タスクトレイに格納されるので、アイコンをクリックすれば設定画面が現われます。
PTB-MTPV1_config.png

設定では、単位(インチ、cm)、ペンの座標モード(絶対座標、相対座標)を切り替え可能。絶対座標は、本体自体をデスクトップとして見たときの座標系、相対座標は、普段マウスなどで使う、移動した分だけ移動する座標系、となっています。


PTB-MTPV1_config_botton.png
ボタン設定。本体にペン先が触れると「右ボタンクリック」というのが変えられない設定。カーソル移動は本体に浮かせる形。
PTB-MTPV1_config_offset.png
ペンのオフセット値調整画面。標準では自動設定になっているので、チェックを外すと使用可能になります。
PTB-MTPV1_config_offset_finish.png
本体の上にペンを浮かせた形にすると、完了画面になります。
PTB-MTPV1_config_push_test.png
筆圧も0〜8レベルに変更可能で、テストも行えます。

   


座標系の絶対座標では、即座に目的の場所にカーソルを移動させることができるので便利ですが、場所を覚える必要があると感じ、相対座標では、高解像度にわたる操作では、本体でペンを平行移動させると、本体端までに達し、手のスナップをきかせカーソルを移動させる必要があると感じました。画面に対して、書く画像の領域が小さい場合は、相対座標、大きい場合は絶対座標と使い分けるのもいいかもしれませんね。

私としては、カーソル移動が便利ですので、ぜひ絶対座標で慣れておきたいと感じました。

初心者という形で評価すると、90点ぐらいでしょうか。カーソル移動が若干煩わしいという点、本体側にボタンが無いという点もあります。しかし、慣れさえ必要ですが、それなりに操作できるようになりそう?という印象と、お値段もお手頃だと感じた点、キャラ絵がカワイイという点?も含め、ほぼ満足できるのではないでしょうか?


   


ということで、私としてはペンタブ入門用としてお勧めしておきます。


   


難波放浪ホンネ記


ちょっと用事に梅田に行った後、大阪 日本橋に到着(このときすでに7時10分頃)。「これはやばいな!」と思って、颯爽と各店舗を小走りしながら横切っていった。はずなのだけども、結局どこの店にも置いておらず・・・量販店に行くことに。近いという理由で、「この店絶対おいてないだろうなぁ・・・」とも思いながら、LABI1難波のヤマダ電機を訪問。
そしたら・・・なんと見事においていなかったっ!ワコム製のお高いのしかおいてませんでした・・・。さすがに期待を裏切らない (つД;)
私的には、各階の通路をもっと狭くして多くの商品を置くべきだと思うのです!店員もあれだけいれば・・・十分でしょうに。あそこを歩くのはかなりだるいです。ただでさえ日本橋を歩き回ったというのに。
次は、少し遠いけれども、難波のビックカメラを訪問。地下をわざわざ通る必要はないと思ったので、そのまま心斎橋筋を通過。しかし・・・あそこはいつ行っても人が多い・・・。で店舗で探すと案外簡単に発見!このときおいていたのは「PTB-MTPV1」と「PTB-MTPV2」。なぜか3がない!(別にいらないけど、絵的にはいいんだ!ただ、えっちぃすぎるので、ずっと眺めるのはねぇ・・・。) 「エッチなのはよくないと思います!」(いや、別にいいと思いますよ〜。ただ言ってみたかっただけです (´・ω・`)シャキーン
そして、やっと前から欲しかった、「PTB-MTPV2」をゲット!
あぁ・・・長い旅だった・・・orz
早速、使用中の画像を撮影しアップロードしたら「手綺麗すぎwwワロタww」といわれました ネンデヤネーン(´゚ω゚):;*.':;
posted by Sofrevi at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/276198031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。